グラノーラを食べよう|子供のおやつにも安心

様々な病気に効果的

きのこ盛り合わせ

驚くべき効果

代替療法としても注目され、抗がん作用が期待されるシイタケ菌糸体をご存知でしょうか。シイタケ菌糸体は、根っこの部分にたくさんの栄養素が含まれていて、その形が糸状なことから、シイタケ菌糸体と呼ばれています。シイタケ菌糸体の成分は、沢山の驚くべき作用があります。免疫調整作用や肝機能保護作用、抗ウイルス作用などがあり、中でも注目されている作用が抗がん作用です。このシイタケ菌糸体に含まれているレンチナンという成分が、癌を抑制し、免疫力を上げる働きがあるとして、1985年に厚生労働省から医療品として認可されました。最近では、癌の免疫抑制効果だけではなく、回復効果もあるとされていますが、まだまだ研究段階ですので、今後の動向に期待が持てます。

細胞に働きかける

癌の患者さんの体の中では、癌に影響を受けて、免疫抑制細胞が増えます。この細胞が増えると、癌に対抗する免疫細胞が役目を果たさなくなってしまいます。ですので、いくら免疫力を高めても、癌細胞に対する働きかけが弱くなってしまうのです。ですから最近では、癌患者の体内の免疫抑制細胞を減らすことが優先という考えで、治療を行っています。ですが、放射線治療や抗がん剤投与などは、癌の細胞だけではなく、健常な細胞まで壊してしまいます。シイタケ菌糸体なら、その健常な細胞を壊すことなく、癌細胞にだけ働きかけることができるというメリットがあるのです。優れた成分を含むシイタケ菌糸体は、癌だけではなく、高血圧や糖尿病の予防と改善にも効果があると言われています。